kurukurupamanewsのブログ

頭がくるくるぱ~しそうな話題を、ど素人が妄想とニュース記事でまとめてお伝えします!

ざっくり流れを解説……わざとトランプ大統領が負けたってマジ??

 

世界で政治家が辞任しだすわ、バイデン大統領が誕生するわ、

中国が台湾への挑発が高めるわ、バチカン銀行元総裁が逮捕されるわ、

ロシアでプーチンデモが起こるわ、麻薬王がオランダで逮捕されるわ……などなど。

 

現在、カオス・カオス・カオスな出来事が世界中で起きていますね。

すべてはディープステートという、世界を牛耳ってきた影の政府がボロボロと崩壊しているからなのですが、前提知識として、ざっくりまとめようと思います。

 

 

  • 「国家」ってなに?

 

そもそも、国家とはなんでしょうか?

ざっくり言えば、「人々が安心して暮らせる地域、その集合体」ですよね。

安心して暮らすことは、その地域でお金を稼いで生活し、その生活を守るためにみんなで税金を出して、みんなの代表者である政治家と公務員を集めてルールを決め、みんなでその地域を発展させていきます。その地域を集めたものが「国家」となります。

日本は、日本列島の地域を集めた国家となります。都道府県ごとに特色がありますが、国民は憲法と法律というルールに基づいて生活をしていますね。

 

ここで重要なのは、「みんな=国民」が「政治家」を選ぶ方法、選挙=民主主義が採用されていることです。みなさんはどうやって政治家を選びますか?

メディアによる情報をもとに、「こいつは良い、悪い」を判断していると思います。

メディアによる情報をもとに、さまざまなサービスを利用すると思います。

つまり、メディアを言いなりにできれば、メディアを悪用して、国民を思うがままに操れる訳ですね。国民は洗脳されていると気づかず、その国で平和に生活するのですが、その裏ではメディアを操る大富豪(支配層、貴族)たちがいるわけです。

この真実に気づけば、支配層に暗殺されるわけです……

 

 

  • 国際金融資本家たちによる国家支配

 

支配層は勘のいい国民を排除してきました。
私利私欲のためにメディアを支配し、公共事業で富を稼いでいた真実に国民が気づいたら、支配層の生活を恨み、大暴動が起きてしまいますからね。

支配層にとって、国民は奴隷でしかなく、政治家は私利私欲のための代理人となるわけです。政治家が代議士と呼ばれる理由ですね。政治家はリッチな生活が約束されているので、支配層の言うことを聞くわけです。

 

支配層はメディアを支配するためにも、お金を稼ぎ続けなければなりません。

そして、もっとお金を集めるために、領土を拡大することにしました。

領土を拡大するため、敵国を倒すには武器が必要です。

武器を売ることは稼げる、そう気づいた人たちがいたのです。

これが現在の「軍産複合体」「戦争屋」です。

戦争は金儲けに最適なんですね。

そして、戦争をするA国とB国の両方に売ればもっと儲かるのです。

 

戦争で莫大な富を得て、さまざまな事業を展開します。

そしてお金でお金を稼ぐ「金融業」が誕生しました。

戦争で儲けた金で、世界中に金融業を作り、さらに稼げるようにしたのです。

これが「国際金融資本家(ディープステート)」です。

その国のメディアを支配して、テロリストを利用して、わざと戦争や暴動を起こすことも可能となりました。今やネット、SNSを利用すればかんたんです。

 

しかしながら、戦争では多くの命が失われます。

国家のために戦った兵士ですね。

 

 

 

アメリカは戦争によって富を生み、発展してきました。

その裏では戦争の犠牲になった国民と兵士がいました。

その兵士とはアメリカ軍です。

 

国際金融資本家は、支配するメディアを悪用して国民を洗脳することで大統領を選ばせました。それがレーガン~~~~オバマの流れです。

 

バラク・オバマ、正確にはバリー・ソエトロという名前ですね。

ブッシュ~オバマによる戦争は画期的でした。

これまでの国家間戦争からテロリストVS国家という、悪VS善と非常にわかりやすい形で

国民を洗脳できましたから。しかしながら、あまりの戦争の多さ、イラク戦争の失敗、メディア不信などから国民たちがディープステートの存在に気づき始めました。

 

そして、何も知らず、無意味な戦争で犠牲になる兵士たちを見て、アメリカ軍はディープステートを倒すべく、ある男を大統領にすべく立ち上がります。

それが、ドナルド・トランプさんです。

大統領就任後、トランプさんは戦争を起こしていませんよ?

 

 

  • ディープステートは巨悪すぎた件

 

結果はご存知のとおり、

民主党ヒラリー・クリントンを破り、共和党トランプ大統領が誕生しました。

ホワイトハウス内部からディープステートを倒していくわけですが、あまりにも巨悪すぎました。民主党はおろか、共和党までも腐敗政治家であふれていたのです。

しかも、ディープステートは悪事を暴くトランプ大統領を潰そうと、支配するメディアを悪用してネガティブキャンペーンを始め、側近たちを冤罪で排除していきました。

 

ウォール街も国際金融資本家と軍産複合体の子飼いであふれ、国内はディープステートだらけでした。だが、トランプ大統領は日本の安倍晋三氏を利用することで、国際政治で存在感を示していきました。その最たる例は対中政策でしょう。

中国を支配する、中国共産党とディープステートはズブズブな関係で、世界で覇権主義をとる中国共産党を倒し、ディープステートをも道連れにする算段ができたのです。

中国によるチャイナロビー活動はアメリカ政財界にも深く浸透しており、ディープステートも脅威に感じていたことは、ジョージソロスの発言で読み取れます。

 

 

  • 大統領選を利用して世界中に知らせよう!

 

では、どうやって中国とディープステートを倒すか、です。

ディープステートの存在を知らない国民にわかりやすく、中国の脅威とアメリカ政治の腐敗を伝えることができるか……?

 

そう、アメリカ大統領選2020年、です!!!!

 

米国時間2020年11月3日投開票でバイデン候補が大統領選出が濃厚となりました。

しかし、トランプ大統領側はバイデン側の不正を追及し始めました。

民主党と外国による不正選挙疑惑、バイデン氏と息子ハンター氏による犯罪の数々で、アメリカ国民はディープステートの存在を知ることになったのです!!!

 

ディープステートは国際マフィアや悪魔崇拝者とのつながりが深く、その悪事の数々からか、ヨーロッパでは次から次へと業界の大物たちが逮捕されております。

 

中でも、「国際児童人身売買組織」は日本でもありそうなので、日本人は覚悟を持ちましょう。芸能関係者が表舞台から消えていく日は近いですからね。

 

 

  • では、ディープステートを倒すには?

 

アメリカ国民のみならず、世界中が注目する大統領選でディープステートの存在と権力と悪事を知らせることができました。

 

しかし、ディープステートを倒すにはどうしたらいいのでしょう?

 

相手は国際マフィアを手下に持ち、アメリカ国内でもCIAやFBIを支配しております。

そして、世界の富を集約しており、メディアやSNSをも操れる存在です。

 

世界のラスボスを相手に、どう倒しますか?

 

大統領選も、不正選挙追及も、テキサス連合訴訟も、1月6日の議事会騒動も、1月20日のバイデン大統領就任も、ディープステートを倒すための、最後に勝つための、わざと負ける作戦だとしたら……? 天才すぎますよねw

 

しかしながら、そんな天才的な作戦が現実になろうとしております。

 

ディープステートを倒すには、

奴らの「メディア・資産・組織」を無力化すればいいのですから。

 

ディープステートの無力化、

すなわち「アメリカ合衆国」ではなく、

新しい国家を建国すればいい!!!

それが「アメリカ共和国」です!!!

 

  •  ここからは余談……

 

とある都市伝説界隈では、

 

アメリカ合衆国は、南北戦争での借金を機にイギリスを株主とする「株式会社 アメリカ」という会社になった。だが、トランプ大統領が会社を破産させたことで、アメリカは欧州貴族(イギリス)から独立した。

独立したことで、アメリカ軍による臨時政府が設立され、3月の選挙で新しいアメリカ国家の大統領として、トランプが選ばれる。

つまり、現在のバイデンは大統領ではなく、倒産した会社の社長(プレジデント)となる。

就任式が茶番劇だったのは、正式な大統領ではないため。世界にまだ知らせないのは、国民への衝撃が強すぎてすぐには理解されないためで、小出しで理解度を上げている。

 

 

これが本当ならば、世界中がひっくり返ることになります。

ディープステートを無力化するためには、奴らの武器である「米ドル」「メディア」を奪わなければなりません。「金本位制・NESARA・GESARA」の話は、新たな国家を建国する予兆なのです。

 

すべては「アメリカ共和国」建国のシナリオだったのでしょう。

アメリカ大統領選で負けることも、すべてはディープステートの存在と権力を知らせるためで、本命は新たな国家の建国なのです。

 

実際問題、アメリカ大統領選のごちゃごちゃで、ディープステートの仲間がどんどん出てきましたね。日本のマスゴミと政治家は終わりですよw

 

彼らと同じく、私はトランプチームにだまされましたww

 

しかしながら、私たち下級国民は3~12月まで正解かどうかわからないでしょう。

 

というのも、中国の動きです。

バイデン大統領~新国家建国までの間、政治的空白があるのです。

この政治的空白を中国が狙っており、台湾への挑発が激化しております。

すなわち、中国による軍事的暴走があり得るのです!

そうなれば、第三次世界大戦も……?

 

 いったいこの世界はどうなるやら……

頭がくるくるぱ~したところで、この記事はここまで!

 

台湾は敵か味方か!? 日本人が考えるべき、台湾の軍事力と半導体……

 

台湾といえば、

このブログでも「中国からの侵攻」を心配しておりました。

しかしながら、調べていると、台湾はなかなかのくせ者ですw

 

台湾は「中国からの侵攻」を警戒し、防衛強化をしております。

国家防衛は絶対なので当たり前のことですが、軍需産業が潤うことも意味します。

 

news.livedoor.com

news.livedoor.com

www.afpbb.com

 

アメリカやロシアのように、軍事力は権威につながります。

このまま台湾の軍拡が進めば、海洋国家として存在感が増すでしょう。

尖閣諸島は中国が狙っているだけでなく、台湾も狙っているんですよ?

日本と台湾は仲がいいかもしれませんが、油断してはいけません!

「今は」日本領土だと主張してくれている、そう考えるべきですね。

 

www.sankei.com

 

台湾はコロナ対策にて世界で賞賛されております。

そして、米中貿易戦争から台湾の半導体が注目されていますね。

ただ、日本にとって台湾半導体を警戒すべき案件なのは間違いありません。

 

forbesjapan.com

www.nikkei.com

 

その理由が以下の記事ですね。

台湾経済は中国経済と強い結びつきがあります。

同時に、台湾と中国を結ぶ存在を知らなければなりません。

そして、その結ぶ存在が日本に影響力を持つことは間違いないでしょう。

 

www.iru-miru.com

www.iru-miru.com

www.bloomberg.co.jp

 

半導体を制する国家が、次の覇権を握ることは確実でしょう。

半導体の王者になろうと、虎視眈々と経済成長する台湾が日本の産業メーカーにとって逆らえない存在になる可能性もあるんですよ?

そのニュースが自動車産業半導体不足です。

 

www3.nhk.or.jp

 

台湾は半導体を武器にスマホなどの通信産業を成長させるでしょう。

その成長が軍需産業にも影響を与え、台湾政府は軍拡を進めるでしょう。

そうなれば、人口2300万人の台湾でも十分な先進国となります。

加えて、アメリカ+連合国による中国共産党への制裁で中国経済は崩壊します。

韓国経済は世界に誇る大統領のおかげで没落していきます。

台湾は日本と並ぶアジアの大国となります。

そのとき、台湾と中国を結ぶ存在がアジア経済圏のキーマンとなるでしょう。

 

たしかに台湾は中国韓国よりは、そーとーマシマシですよ?

民主主義で親日国家だけども、日本人は台湾を信用しすぎないよう、日本産業界の行方を注視しましょう。台湾の狙いは何か、しっかりと見極めなければなりません。

トランプさんのように、「日本ファースト」で考えるべきです。

 

そう、「台湾には軍産複合体がいる」と考えたほうがいいです。

なぜなら、バイデン大統領が台湾の存在感を強めている、からです。

「中国がダメなら、次は台湾で……」

Aプランがボツになれば、Bプランに移るのは当然ですね。

共通点は「金になる国」です。

 

www.recordchina.co.jp

www.sankei.com

 

台湾のリーダー、蔡英文総統が軍産複合体側なのかはわかりません。

しかしながら、発言の裏を読めなければ判断を誤ります。

日本にとって、台湾がアジアでもっとも信頼できる国であってほしいですね。

頭がくるくるぱ~しますので、この記事はここまで!

 

 

wedge.ismedia.jp

 

 

 

 

 

 

 

数万人の兵士はどこに……地下駐車場にいるの!?

 

米国時間1月20日にて、バイデン大統領が誕生しました。

 

kurukurupamanews.hatenablog.com

kurukurupamanews.hatenablog.com

 

ただ、本当に就任式が行われたのか、いくつか疑惑があるようです。

中でも、6万人はいた兵士が記事の写真を見る限り、どこにもいませんよね。

6万人ですよ? 東京ドームの収容人数超えていますからね。

*2019年、東京ドームにてキリスト教カトリック派のミサ(祭儀)

東京ドームに5万人集結! ローマ教皇の歴史的ミサにアノ人も ...

 

この人数がどこにいったのか……?

なんと、地下駐車場にいたそうですw

しかも、雑魚寝でコロナに感染です。

バイデン大統領、ひどいですね……

 

www.sanspo.com

www.politico.com

*記事写真引用

Some National Guardsmen sleep on the ground of a parking garage near the U.S. Capitol on Jan. 21, 2021.

 

調べていたら、アメリカ合衆国議会地下鉄というものがあるそうです。

1909年に開通と、ずいぶん古くからあるんですね。

もしかしたら、夢の国まで直通する路線もありそう?

 

ja.wikipedia.org

 

地下といえば、中国では地下にある核シェルターで人が住んでいるようです。

米ソ冷戦時代の名残だそうで、アメリカにも核シェルターはありますよね。

悪い奴が隠れて住むにはいいかもしれませんねw

 

style.nikkei.com

 

もしかして、地下駐車場以外の兵士は核シェルターで寝泊まりを?

いったい、何のために6万以上も集められたんでしょうかね?

さらに、第10山岳師団も投入されたようですね。

 

ja.wikipedia.org

 

 

いったい地下で何が起こっているのやら……?

頭がくるくるぱ~するので、この記事はここまで!

 

PS 日本の地下鉄も人が住めそうですよねw

 

 

 

 

 

トランプ大統領、完全敗北!? そもそも、どうして大統領になったの?

 

バイデンが大統領になり、

ツイッターのトランプ支持者は落胆しているようですね。

とくに、日本国民はトランプ政権なくして日本を取り戻すことはできません。

とくに、対中国政策はトランプ政権なくして成立しません。

 

「なぜ、落胆するのでしょうか?」

「なにに、落胆しているのでしょうか?」

「なにが、ゴールなんでしょうか?」

 

そもそも、トランプさんが大統領になった理由はなんでしょうか?

  • 金のために戦争に巻き込まれ続けたアメリカ軍の要請のため、
  • 国際児童人身売買組織にかかわる悪魔崇拝者を逮捕するため、
  • アメリカを再び偉大な国にしたい愛国心のため、

これがざっくり通説です。

 

そもそも、トランプ大統領の敵は誰でしょうか?

 

アメリカ政治や国家戦争を操ってきたディープステート

=国際金融資本家、国際マフィア、CIAなどの政府機関、汚職議員、軍産複合体悪魔崇拝者、共産党主義者、自称文化人エリート層、世界中のマスゴミなどなど……

 

2016年にトランプさんは大統領になり、その闇の深さを知ったことでしょう。

そして、アメリカ大統領選2020を利用して、アメリカの闇を国民に知らせることができました。しかしながら、その闇は広くて深すぎたようですね。

民主党議員のみならず、共和党議員も腐敗していましたから。

 

残党は未来の敵なので、すべての敵をあぶりだしたいのです。

となると、敵を一掃するためには「ただ再選」するだけでは足りないのです。

実際、バイデン大統領就任があぶりだしのフィナーレではありますね。

ジュリアーニ弁護士の、「これはおとり捜査だ」発言がすべてなのです。

 

最大のゴールは、

アメリカの敵(ディープステート)を倒し、

 アメリカを再び偉大な国にする」

 

では、その敵を倒すためには、敵の武器を「無力化」しなければなりません。

しかし、その敵(悪い欧州貴族)はざっくり200年は世界を牛耳ってきました。

 

「そんなのアメリカ軍でぶっ潰せよ! やっちゃえ、トランプ」

と、アメリカ軍が鎮圧すれば、

「トランプによる虐殺だ!」

と、世界中のマスゴミが喜ぶでしょう。

世界中ネガティブキャンペーンで国民をアンチトランプに洗脳するでしょう。

とくに天安門事件を起こした中国がワイロを送って。

 

つまり、無知な国民をアンチトランプにしてはいけないのです。

民衆の支持が政治家の命なのです。

民衆を洗脳して支配すれば、政治家を動かせるのです。

マスゴミが支持率にこだわる理由がわかりますね?

 

もしも、アンチトランプが増えてトランプ大統領が罷免すればアメリカはディープステートのものです。民衆の支持を失うかもしれないので、アメリカ軍は慎重にことを進めているのです。

フランス革命ロシア革命も、不満を抱えた国民が王政打倒をしましたよね?

*BLM運動もアンティファ運動も、アメリカ革命を起こしたかったのですよ?

 

ディープステートは軍を持っていません。マフィアは持っていますがw

バカでアホな国民を洗脳し、彼らを兵士として使います。

用途は、情報戦・政治デモ・暴動などですね。

民間人なので、軍は手が出せないのですよ。

 

ディープステートの主な武器は金融とメディアです。

それで、「人を動かす」ことで世界を牛耳ってきました。

  • 洗脳工作機関であるテレビやSNS(国際機関も)
  • 人間を買収するための金、金融街通貨発行権(円、米ドルなど)
  • 実働部隊の国際マフィア組織(CIA、FBIなども)

 

これらの武器を無力化しなければ、ディープステートは倒せないのです。

中途半端に倒せば、残党がまた勢力を伸ばすでしょう。

残党を倒せなかったら、中国のような悪の帝国をまた作るかもしれない。

 

「大統領に再選しました、ハッピーエンド!」

 

そんな単純な話ではないんですねw

大統領再選は手段であって、目的ではないんです。

トランプさんは「戦争屋のディープステート」を倒せればいいのです。

一筋縄ではいかぬ、そう感じてもらえたら幸いです。

 

では、どうやってこれらを無力化しますか?

  • 洗脳工作機関であるテレビやSNSを無力化するには?
  • 人間を買収するための金、金融街通貨発行権を無力化するには?
  • 実働部隊の国際マフィア組織を無力化するには?

 

もう、一から国作ったほうが早いですよね?w

だって、米ドルを無力化するなんて無理ですよね?

そもそも「ただの紙切れ」に価値はあるのかって話です。

 

その話がテキサス独立からの、

アメリカ共和国の建国」説につながります。

*「NESARA、GESARA」は起こるでしょう。

 通貨担保は「GAFAなどの特許&金」です。

 

 

つまり、まとめると、

 

「バイデン大統領就任は、

 ディープステートの武器を無力化するための罠」

 

その証拠に、

アメリカ軍はバイデン政権に引継ぎをしておりません。

トランプさんは核ボタンの引継ぎを行っておりません。

 

しかも、大統領就任式に出席した方々はすでに逮捕されているかもしれません。

なぜなら、大統領就任式前に、トランプ大統領は奴らを捕まえるための、緊急事態宣言を出しまくっていました。

 

とくに米国時間1月6日の大統領選出は、

外国と民主党による不正選挙をアメリ連邦議会が合法だと認めたことになり、憲法違反が確定し、もはや健全な国家運営が破綻しているのですね。

 

マスゴミSNSも、トランプさんを批判してアカウント停止し、国民は批判しました。

国際金融資本家が中国政府を支援していたので、彼らの金を封じ込めました。

 

そうです、バイデン大統領就任でアメリカ合衆国は死んだ」のですw

ディープステートはアメリカ国民を動かすことができません。

バイデン大統領、正確にはバイデンを担ぐ連中は何もできません。

トランプ政権の大統領令が彼らの首を締めあげているのです。

 

正式に大統領になると、国家運営の責任を負うことになります。

トランプ支持者はバイデンが嫌いですので、アンチバイデンとなり、バイデンの政策に反対するでしょう。トランプ派のアメリカ軍が行動できる段階なのです。

 

日本国民は、ポップコーンを食べてこのショーを見守りましょう。

そう、売国政治家を落選させるまでは。。。

 

最期に、この記事を読んで頭がくるくるぱ~してください。

1941年、報知新聞の記事です。

大日本帝国はディープステートを知っていたのですよ。

つまり、第二次世界大戦はディープステートを倒すため、だったのですね。

戦後日本の洗脳工作もなかなかすごいですよwww

 

www.lib.kobe-u.ac.jp

rio2016.5ch.net

 

 

 

どうする、バイデン新大統領?? 過激派組織「アンティファ」が暴動まつり!

 

米国時間1月20日、バイデン新大統領が誕生しました。

しかしながら、そうそうに難題が突き付けられております。

 

 

www.independentsentinel.com

jbpress.ismedia.jp

 

過激派組織「アンティファ」がオレゴン州ポートランド民主党州本部を襲撃しました。すでに、ポートランドはアンティファ暴動で悲惨な状況です!

 

www.ntdtv.jp

www.afpbb.com

www.asahi.com

 

アメリカ大統領はトランプ氏ではなく、バイデン新大統領です。

バイデン新大統領が責任をもって解決しなければなりません!

そうなんです、すべての問題はバイデン新大統領に責任があるのです。

早急に解決していかなければならないのですよ。

 

しかも、アンティファは民主党とズブズブな関係です。

もしも、過去に民主党がアンティファに暴動を指示していたら大問題です!

 

go2senkyo.com

 

バイデン支持者にまぎれて、暴動を起こすことだってあり得るのです!

そう、トランプ支持者を装ってやったように。。。

 

*トランプ支持者と装って暴動していた男が逮捕された記事

www.thegatewaypundit.com

 

これからのアメリカを考えると頭がくるくるぱ~するので、この記事はここまで!